准看護師のお仕事探し!理想の転職先の見つけ方

特定看護師って看護師と何が違う?

特定看護師とは?

特定看護師とは、看護師の上級資格だと考えればわかりやすいでしょう。 通常の看護師ではできない医療行為が行えます。

そのため、特定看護師になるのは簡単な事ではありません。 現在は様々な病院で医師不足の問題が叫ばれていますが、特定看護師になれば医師をサポートできる存在にもなるため、病院の環境も改善していけるでしょう。

特定看護師がいる病院では医師の負担が減り、これが病院全体の雰囲気を良くしていくことにもつながるかもしれません。

これから特定看護師を目指したいと思っている方の中には、特定看護師の資格取得をサポートしてくれる病院を探しているという方もいるでしょう。

こういったことは病院に実際に就職してから考えるのではなく、求人情報をチェックする際に確認しておかなければなりません。 特定看護師の資格取得に全く力を入れていない病院もたくさんあります。

確かに病院側としても特定看護師がいてくれるととても助かるのですが、それを考えるほど人手に余裕がないところもあるのです。 そういった病院に就職したとしても資格取得のサポートをしてもらうことは難しくなってしまうでしょう。

もちろん、個人で頑張って特定看護師の資格を取得することは不可能ではありません。 ですが、職場からのサポートが受けられるかどうかによって、特定看護師資格取得の難易度は変わってくるため、特定看護師を目指している方は職場からのサポートが受けられるか確認した上で就職先を探しましょう。

また、資格を取得した後も5年ごとに更新をしなければならないため、継続してサポートしてくれるところを選んだ方が良いですね。 今の職場で働きながら特定看護師の資格取得を目指しているという方も職場に相談をすると何かしらのサポートが受けられるかもしれません。

看護師の上位資格としては他にも認定看護師や専門看護師がありますが、特定看護師はこれらの資格とは違って一定範囲内で医療行為ができます。

自分が看護師としてどのように活躍していきたいのか考えれば、どの資格が最適なのか判断できるでしょう。